iPhoneの一括設定を実行

機種変更の際にショップでもらった冊子「iPhone・iPad 初めてガイド」によると、「一括設定」は、機種変更した iPhone 7 のホーム画面で「Yahoo!」アイコンと「My SoftBank」アイコンをあるか確認をして、なければ「一括設定」を行うとなっている。

一括設定を行うには、

(1) iPhone の Wi-Fi をオフにする

(2) Safari で URL[sbwifi.jp]を表示させると[一括設定とWi-Fiアプリ設定]の画面が表示されるので[同意して設定開始]をタップ

(3)[SMS認証]画面で「認証用SMSを送信しました。」と表示されるので[メッセージ]アプリを見る

(4)[メッセージ]画面で[同意して設定]行の下のURLをタップ

(5)[インストール]をタップ

(6) パスコードの入力を要求されるので、それを入力

(7) 図の ① の[インストール]をタップ、ついで ② をタップ

(8) ①に名前を入力して ② の[次へ]をタップ

(9)[完了]をタップ

iPhone 7 に機種変更

iPhone 7 (128GB, ジェットブラック) に機種変更(2/3)した。2、3日使ってるけど、とても快適だ。2年しばりまであと9ヶ月残っているけど、16GBの容量では使い続けることができなくなって苦渋の決断をした。

6sの16GBは買った直後から後悔していた。iPhone 4 のときは32GBを選択した。でも、その時は使い方がまだ分かっていなくて、容量の大部分は使わないままに iPhone 5 に機種変更。もったいないことをしたと思っていたから当然、16GBにした。特に不自由を感じなく使っていたらから、6s は何も考えずに16GBを選択してしまった。

去年からはiPhoneを使うことがどんどん増えた。この数ヶ月はとにかく容量の少なさに泣き続けた。アプリが立ち上がらない度に、使用頻度の少ないアプリを削除。写真もこまめにデスクトップ機に移して、iPhoneからすぐに削除を繰り返していた。

ほんと、容量が大きいって気持ちもゆったりするw。捨てたアプリを元に戻したり、欲しかったアプリも入れられる。32GBだとまたすぐに後悔するだろうと、今回は何も考えずに128GBを選んだ。カラーは黒に決めていた。ブラックとジェットブラックは店頭で見てジェットブラックに決めた。iPhone 7 で向上した性能や新しいことを楽しむのは、まだこれから。今はひたすら容量アップがうれしい。

SoftBank 光、ソフトバンクでんきに申し込み

iPhone 7 への機種変更時に「SoftBank 光」と「ソフトバンクでんき」を申し込んだ。

macOS Sierra アップデート v10.12.2

《Apple のアップデートの説明ページ》macOS Sierra 10.12.2 アップデートについて

macOS Sierra 10.12.1 から 10.12.2 にアップデートしたが、その工程の途中でユーザーアカウントのパスワード(ログインパスワード)の変更を求められた。これまでは、Apple ID と同じだった。同一のパスワードは使えないらしい。スクリーンショットを撮らないままに作業を進めたので詳しいことは、もう分からない。気になってネット検索で調べたが該当するような記事を見つけることができなかった。ただ、Apple ID と ログインパスワードについて詳しく説明しているブログ記事があった。これを読むと、両方のパスワードは異なる方がいいと分かった。

ブログの “Apple In” で、その中の記事「Macのログインパスワードを忘れた!って時」を読むとログインインパスワードを忘れて自分の Mac にログインできなくなった時の対処法が丁寧に説明されている。その場合、パスワードは異なっている方がいいと分かる。

なお、Apple ID の管理は “Apple ID を管理” ページから、ログインパスワードの管理は自分の Mac の[アップルメニュー / システム環境… / ユーザーとグループ]で変更できる。

おトクに機種変更!(SoftBank からのメッセージ)

http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/tada-kisyuhen/

今日、SoftBank から「おトクに機種変更!」のメッセージが届いた。詳しくはサイトをよく読むつもりだが、現在使用中の昨年9月購入の iPhone 6s はストレージが16GB。ちょっと少ない。iPhone での用途がどんどん広がって、32GBを買っておけばよかった後悔している。このキャンペーンをよく読んで決めようと思う。下図は届いたメッセージ。

2016/10/07 “CHAAAS!!” at Club Stomp

chaaas!!-01“CHAAAS!!” 2016.10.7.FRI at Club Stomp で遊んだ。仕事のこと考えたら遊んでる暇なんてないので早めに帰るつもりが、おもしろくて、やっぱりいい時間までいてしまった。stompってほとんど行くタイミングがなくて、珍しく1ヶ月ほど前に行ったとき、帰りしなにスタッフからこのパーティを勧められた。
DJs / MASANORI IKEDA、AKIHIRO、TETSUO、AATY。その時、このメンツを見て行きたいと思った。決して大きなパーティじゃないけど、そこに行けば何かがあるかもと感じさせるものが匂っていた。この週末は行きたいパーティがたくさんだけど、とにかく”CHAAAS!!”に決めた。
“CHAAAS!!”は思っている以上によかった。ムチャ盛り上がるとか、そういった派手さはないが、DJとフロアに一貫して、パーティ”CHAAAS!!”のグルーブが流れ続けて、それはとても心地よかった。真夜中を過ぎて入れ替わり立ち代わり集まって来るパーティピープルたちも遊び慣れた大阪のコアな連中ばかりで、それらクラバーとクラブと音楽が醸し出す空気感はなかなか味わうことのできないものだった。
こうしたとてもいい雰囲気の中で、ぼく自身が気持ち良く遊べてうれしかったわけだけど、これには10年近い遊び歴が必要だったかも、と思った。ぼくはやっぱり、こういう場所では年齢が浮いてるので、フロアでは浮きたくない。どういうことかと言うと、ぼくの歳で心地よく遊ぶには、フロアではあまり目立ってもよくないし、逆に存在感が希薄なのもよくない。この塩梅ってなかなか難しい。10年近い遊び歴があってできるのかもと思った。

macOS Sierra にアップグレード

iMac (21.5-inch, Late 2012) を OS X El Capitan 10.11 から 9月21日リリースの macOS Sierra 10.12 にアップグレードした。前回の El Capitan にアップグレードしたときは、この iMac では10分程で済んだが、Mac mini (Mid 2010) でものすごく時間が掛かったのが頭にこびりついていてアップグレード前のメンテナンスを慎重に行った。

メンテナンスは “TechTool Pro 8” と “OnyX” で行った。このメンテナンスにはかなり時間がかかったけど、アップグレード自体はすんなりとすんだ。晩飯を作りながら、台所とMacを行き来していたので、正確には分からないが1時間かかってないと思う。

Mac用OSの表記がこれまでの「OS X」から「macOS」に変わっている。13度目のメジャーアップデートで、新機能の目玉は音声アシスタント “Siri” とのこと。ぼくはこれを iPhone でもまだ使ったことがない。

《Sierra 参考書》

  • Mac Fan 2016.11
    「macOS Sierra 引っ越しマニュアル」
  • Mac Fan 2016.12
    「macOS Sierra かんたん強化術」
  • Mac Fan Special
    「完全理解 Sierra」

2016/05/14 CHIMPO & JONNY DUB at circus

13177052_10209274908210858_1370016451511762137_n

2016/05/14 真夜中、”CHIMPO & JONNY DUB at circus” で遊んだ。夜のクラブ遊びは10年近くになるけど、この夜のパーティはちょっとしたカルチャーショックだった。

CHIMPOを紹介するサイトで、彼の音源はドラムンベース、グライム、ダブステップ、トラップ、ガラージ、ダンスホールにヒップホップとあった。これらの音楽にぼくは正直ほとんど無知だが、マシンガンのように繰り出されるその音源がぼくの魂を撃ち抜いていた。

5月になってからのまだ短いあいだに、DJ FUNK (Chicago)、DANNY KRIVIT (NYC)、Joris Voorn (Netherlands) そして今回の CHIMPO と JONNY DUB (Manchester)と無節操に聞きまくった(笑)。もう一人名村で聞いたMaya Jane Coles (London)も忘れられない。それぞれすべてのフロアが沸騰していたが、それぞれのオーディエンスが全く違った。で、同じCircusなのにフロアーは全く違って別のハコのようだった。

シカゴ・ゲットーハウスのDJ FUNKはつていけずに早々に逃げ出した。そのDJ FUNKとマンチェスター組は似てるといえば似てるのに逃げずにいたのは、DJ FUNKで免疫ができていたのかもしれない。だから、ぼくがマンチェスター組にカルチャーショックを受けたと言うのは、単に音楽性だけじゃない。フロアのダンサーたちを含めての違いだった。

まず、フロアは外国人オーディエンスがほとんどだった。90%ぐらいだったかもしれない。こんなのは初めてだった。そしてかれらの激しい踊りにぼくはビビった。ブロンクスのブレークダンスにせよシカゴのジュークの踊りにせよ、そこには規則性が読み取れる。しかし、CHIMPO と JONNY DUBで踊るダンサーたちは全く勝手気ままに激しく踊っている。個性的なんて上品な言葉は似合わない。そう、とてもアナーキーなんだ。無政府主義的だ。ぼくがショックを受けたのはここんところなんだ。彼ら、彼女たちのダンスを見ていると、音楽を聞くということの再発見があったわけさ。

もう一つぼくが涙が出そうなほど感動したのは、およそ、25年前に出会ったサイバーパンクの近未来小説『ニューロマンサー』(ウィリアム・グブスン)のバーのシーンが目の前で彷彿とさせてくれたことなんだ。それを読んだときはぼく自身ディスコを体験していたが、クラブは知らなかった。だから小説のシーンの情景をリアルに想像することはできなかった。それが、この夜のフロアで目の前で展開しているのがまさに小説のシーンだと妄想できて涙が出そうだった(笑)。リアルが近未来SF小説に近づいている・・・、いや、すでに今は近未来なのだろう。

マンチェスターのCHIMPO と JONNY DUBのことをぼくがカミさんにギャーギャーとわめくから、翻訳ミステリーファンの彼女はぼくにこれを読め!と3冊の文庫本を差し出した。ニコラス・ブリンコのマンチェスターを舞台にした暗黒小説で、登場人物の紹介を見ると、マンチェスターの不良少年が主人公らしくて、クラブ経営者やDJ、VJが主要人物らしい。これは絶対にヤバい小説に違いない。これを読めば、CHIMPOがマンチェスターのクラブでファンに煽っている様子がより分かるかもしれない。大阪のCHIMPOはMCで、何を言ってるのか全くわからないが「オオサカ」、「マンチェスター」そして「ヤバい」を連呼していた。

2016/05/14 ”NOSTRESS”

13233094_10209273927426339_3611024346248926310_n

2016/05/14、パーティ”NOSTRESS”(http://designde.jp/2016/04/nostress-2/)で遊んだ。中之島の堂島川沿いの会場で行う午後から日暮れどきまでのパーティ。天気が良くて、堂島川を足元に見る2階の会場のガラスの壁面から溢れるような陽がそそいでいる。太陽が駆け足で西のビル街に隠れて夜になる風景を眺めながら踊った。写真の正面2階建の2階が会場。

会場はアパートからあみだ池筋を自転車で北上して短時間で行くことができる肥後橋の大阪屈指のビジネス街の近くだが、ぼくには全く縁のない界隈。夜のパーティでよく出会う青年から「こんなリッチなパーティにも来るんですね(笑)」と言われてしまった。そう、ぼくは真夜中の地下にあるフロアーになじんでいるけど、こんな明るくいリッチなパーティだって嫌いじゃない。まるで、ニューヨークが舞台のウディ・アレンの映画のシーンを彷彿とさせるようだった。昔、アレンの映画を見ながら、別世界のシーンと思っていたことが実現している。長生きはするものだ。

会場はおしゃれな人が大勢でファッションを眺めているだけでも楽しかった。ほとんどが見知らぬ人たちだけど、少なからずの夜の常連たちと踊った。何年も会ってなかったパーティピープルと話をしたりと、絶対に記憶に残しておきたいパーティだったよ。

Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダー購入

キャップをはずしたTranscend USB 3.0 Super Speed カードリーダーとmicroSD

Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダーを購入した。
SDとmicroSDスロットがあり、コンピュータのUSBポートに直接接続する。64GBのmicroSDを購入したので、フォーマットをしたり、データをコピーするのに使用しようと思った。しかし、買ってから気がついたがMacにもPCにもコンピュータにはSDのスロットが装備されているのでカードリーダーは必要なかった。安い(888円)ので良かったが慎重に買い物をするべきだった。

使用するとしたら、iUSBport 2にmicroSDを接続する時ぐらいかな。iUSBport 2の内部にはすでに1枚のmicroSDを装着しているので、別のmicroSDを接続する場合だ。

Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダーのパッケージ
Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダーのパッケージ裏面

すでに書いたが、コンピュータには下図のようにカードスロットルが装備されている。

Inspiron 14R 5437 のSDカードスロットル
iMacのSDカードスロットル

U-NEXTの無料トライアルに申し込む

5月はじめに動画配信サービスの “U-NEXT” の無料トライアルに申し込んだ。無料トライアルの期間は31日間。解約期間は6月1日までなので、それまでに継続するか解約するか決めなければならない。

申し込みのきっかけは、見たい映画が “U-NEXT” で無料であったから。その映画を現在入会している “Amazonプライム・ビデオ” で探したら有料だった。レンタル料金を払ってでも見ようかと迷いながら、その画面を見ていたら下の方に”U-NEXT” の広告があって、その映画が無料で見られると分かった。それまで “U-NEXT” は全く知らなかったので、いい情報に出会ったと思う。

“U-NEXT” の収録作品数はすごく多い。見たい作品がたくさんある。でも、映画を見ている時間があまり取れないので、月額1,990円はとても高く感じる。もう少し検討して解約するかどうかを決めようと思う。

《検討のための参考サイト》
U-NEXTとHuluを徹底的に比較してみた。ユーネクストのメリット・デメリット。 | 俺の動画。