北欧ノルウェー・シーンの今、runeology(ルーネオロジー)

1132161818買って2、3週間になるけど、あまり聞いてません。でも気になる。このCDの入っていた袋のシールに説明があるんで、書き写します。
『ルーネオロジー 今注目を集める北欧ノルウェー・シーンの最もおもしろい“今”をコンパイル。今後国内発売するルーネ・グラモフォンの各タイトルから1曲ずつ、レーベル主宰ルーネ・クリストファーシェン自らが選曲した日本独自企画版。』
ということで、全13曲、13バンドがおさめられたCD。タワーレコードではジャズのコーナーに置いてあったけど、これをジャズというには無理があると思う。同じタワーレコードのネット通販では New Age / Healing となっていた。こっちの方がしっくりとする。

今迄に聞いた北欧ジャズとはあきらかに違う。atomicとも違うし、フィンランドの Jukka Eskola や The Five Corners Quintet とも全く違うサウンド。と言いつつ実はジャズであるかないかはどうでもいいんだけど・・・。

この13曲は、通して聞いていても集中できない。それぞれのグループのCDを丸ごと聞くと、たぶん印象が違ってくると思うが、どのグループを買うかはとても迷う。何枚も買って聞く元気はないが、気になるといったところ。それにしても、ほれぼれするジャケットデザインです。

なお、こういった音楽はwww.grinningtroll.comサイトがすごく勉強になります。このサイトのdiaryの2004-10-25(Mon)にこのCDの丁寧な解説があるので興味のある方はページをたどってください。ぼくもこの解説を参考に一曲、一曲をもうちょっと丁寧に聞いてみようと思ってます。www.grinningtroll.comサイトに感謝です。

悲しい日の Jimmy Scott / Unchained Melody

1131824167今日は、赤坂の Jazz Live Spot “B flat” のマスター、杉谷宏幸の告別式の日だ。今、ぼくは朝一番の新幹線に乗るべく、家を出る時間を待っている。宏幸とぼくは幼い頃から一緒に遊んだ同い年のいとこだ。17才の高校生の時、宏幸はぼくにジャズという音楽を教えてくれた。それが、今日の今日迄、音楽を聞き続けるぼくの始まりだった。20才前後は彼の部屋で、二人でレコードを聞きまくっていた。

その後、ぼくたちは違う土地で違う人生歩み、40年近く経った今から2年前、ぼくはB-flatのマスターがいとこであることをネットで知る。出したメールに長文の手紙とともに B-flat でのライブ録音版のCDが何枚か添えられていた。このJimmy Scottはその中の一枚だ。ぼくたちはB-flatで会うことを約束したが、それは仕事に追われるぼくの事情からまだはたせないでいた。あと数時間後の再会が宏幸の告別式であることがとても悲しい。

ぼくは、Jimmyをルー・リードのライブ・ビデオで知っているぐらいで、熱心な聴衆というわけではなかった。送られたCDも、このヴォーカリストの個性の強さから、聞くことはまれだった。宏幸の死が伝えられてから、ぼくは送られたCDを繰り返し聞いていた。その中でもJimmyの唄声が、まだ真っ暗な早朝の、今のような悲しい時間には、とてもかけがえのない一枚であることを知った。

JIMMY SCOTT / UNCHAINED MELODY
録音:”B flat”(東京・赤坂)2001年10月17日
TOKUMA JAPAN
TKCB72431

nu things の 「NU EXPERIENCE”nu jazz” music that’s not homogenized yet」

1131786207 1131786209

1131786591

11月11日の大阪本町 nu things のイベント。表題は難しい言葉でよく分からないので、ライブスケジュールにあったメッセージをコピーする。
『音楽というものは、それが世間に広まり、多くがそのスタイルに追従することで、一つのカテゴリーとして ジャンル分けされ、 ある程度均一化された(homogenized)イメージを形成していく。90年代以降の、いわゆるクラブジャズ、nu jazzと一括りにされる音楽は今だ模索と変貌を続けている。均質化から逃れるように。 nu jazz、未知のグルーヴ+リズム、この新しい経験を誰よりもはやく キミにプレゼント。』

辰巳哲也氏、田中浩一氏、それに阿木譲氏の三者によるイベントだ。それはまさに未知のゾーンに分け入ろうとする時のはてしない模索に立ち会う夜だった。こうした夜はいつもスリリングな快感に酔わせてくれる。

それにしてもこの夜の阿木譲氏のDJには凄みにあふれていた。次第に盛り上がり、しまいには聞き手のぼくは魂の淵に堕ちていくようだった。めったにないことだ。

写真上左:TATSUMI Tetsuya (TP.FP/PC manipulator/Composer/Programming), TAMAKI Masaru (bass) 上右:DJ/ AGI Yuzuru 下:ep6/ TANAKA Koichi (PCmanipulator/Composer/Programming), Nojima (Flute)

Atomic / the Bikini Tapes

9月のはじめだったかな、The Five Corners Quintet と Atomic の feet music を買って聞いていた。FCQは文句なしに良かったけど、Atomic はずいぶんと荒っぽいバンドだな、という印象を持った。でも、聞くほどにFCQよりもAtomicの方がぼくの感性に合っていると感じた。そうしたら、もう一枚、Atomic のCDがタワーレコードの棚にあったのを知っていたので、すぐに買いにいったわけ。それがこの the Bikini Tapes なんだよね。なんと3枚組のボックス入り。予算オーバーだったけど、買ってよかった。数日後に行った時は何ケースかあったのがひとつもなかったからね。

さて、ライブ録音を編集した3枚組らしい。これをマックの iTunes にぶち込んで、2時間半を一気に聞くと、もーたまらにね。後半、3曲の盛り上がりがすごい。だから最近は後半部分だけを聞くことが多い。とても、いつもいつも全曲にはつきあえない(笑)。

これはまぎれもなくジャズだと思う。正直に言うと、ぼくはビバップ、ハードパップ、モダンジャズを上手く説明できない。その辺の知識はあいまいなので偉そうなことは言えないが、Atomic にハードバップを強烈に感じてしまう。ぼくにとって、ジャズって、前かがみになって前進するスタイルだと思う。そこから産まれる、ある種独特のスピード感がジャズだって感じている。だからAtomicはまぎれもなくジャズなんだよ。

2005 JAZZLAND RECORDINGS

Young Marble Giants / Colossal Youth

1131004242Macにつないだスピーカーを変えたので、普段聞いていないCDを引っぱり出して聞いていたら、今日は Young Marble Giants がとても良かった。ホームページを見たら、1980年に出たレコードだ。ニューウェイブやテクノのレコードが次々にリリースされていた。これはテクノよりの感じだが、妙にヒューマンなサウンドでずっと印象に残っていた。いま聞いていてもやっぱりいい。その頃に買ったレコードはとうにないが、このCDはいつ買ったか覚えていないけど、ずいぶん前のことだ。ジャケットもいい雰囲気だ。

atomic / feet music

1131005650ノルウェーのグループだ。同じ北欧だが、フィンランドのJukka Eskola や The Five Corners Quintet とは違うジャズだ。Jukka や Five Corners も好きなのだが、ちょっと上品にまとまっているところが不満だった。だから、atomic のサウンドをはじめて聞いた時は、こっちの方がぼくの好みだな、と感じた。ちなみにこのCDを選んだのはタワーレコードでジャケットが良かったからなんだ。紙製なんだけど、こういうのにヨワイ。

聞いてすぐに70年代のオランダのフリージャズレーベル、ICP(Instant Comorsers Pool)のサウンドを思い出して、少し懐かしくなった。といっても、ICPそのものというわけではない。アメリカのフリージャズの音も感じるし、現代音楽も感じる。そう、ヨーロッパ人の知性みたいなものを感じている。アメリカのジャズと大分に違う。でも、かれらのサウンドにまぎれもないジャズを聞き取るのは、そこに50年代のビ・バップとかハード・バップの臭いを嗅ぎ付けることができるからなんだ。このことは Jukka や Five Corners にも同じことがいえると思う。とにかく、最近はこれら新しい北欧のサウンドと50年代のバップをゴチャまぜに聞いているんだけど、とてもおもしろい。

JAZZANOVA / The Remixes 1997-2000

1131007256もう、1ヶ月ほど前、大阪中央区南本町の jaz’room “nu things” で阿木譲氏がこのレコードをかけてくれた。大音量でエレクトロニックなリズムを身体に浴びていると、とても気持ちが良かった。すぐにタワーレコードへ探しに行ったがクラブジャズのジャンルに置いてあった。そこにたどりつくまでいろいろと見てまわらなければならなかった。ぼくはこの頃の音楽を全くきいていないので、とても新鮮だ。仕事中に聞きながら、Webのデータなんかを作っていると、近未来小説の中に入り込んでいるような、とてもいい感じを味わえる。

Jukka Eskola / Jukka Eskola

113103411994年夏から大阪本町のjazz caff “nu things” へ通うようになり、阿木譲氏からいまのジャズを教えられた。クラブジャズとか nu Jazz と呼ばれるエレクトロニックなサウンドのジャズだ。ぼくは長い間、音楽を聞く生活の余裕がなかったので、それはまったく未知のサウンドで、モダンジャズを聞き始めた頃を思い出す新鮮な感動だった。このDiscは今年の夏に買った、フィンランドの Jukka Eskola のファーストアルバム。

nu things の LOVECRAFFT

1131034331 11310343331131034336 1131034340

大阪本町の nu things から帰ったきたばかりだ。今夜は LOVECRAFFT の3回目。ぼくはこのイベントを楽しみにしている。いくつかのバンドとDJで、切れ目なしに長時間の大音量に浸っていると、とてもやすらぐ。パソコンを離れても、いつも仕事が頭から離れないけど、ここだけは別なんだ。とてもありがたい。

今夜は、別のイベントにも顔を出し、さらに仕事も片付けて、nu things へかけつけたのが12時前で、DJのほかは2つのバンドだけを聞くことができた。写真右上はヒップホップの一鉄のライブパフォーマンス。下の2枚はサンフランシスコのKosmic Renaissance。

こちらはね、写真にあるように、タブラのソロ演奏から始まった。すごくスピリチュアルな演奏が長く続いた後、ドラムセットに移ったが、そのときからサックス奏者が吹き始めた。あー、コルトレーンの世界だな・・・と感じた。コルトレーン後期のスピリチャルな世界から始まり、電子楽器も交えて、サウンドは白熱してコルトレーンのフリージャズへと遡った。さらに演奏は加速して、フリーインプロビゼーションの混沌へと一気に突き進んだ。休みなしの長い熱演だった。コルトレーンのレコードよりも、よりリアルなコルトレーンに出会えたような感動を覚えた。