「インターネットご利用開始のご案内」封書届く

2月10日に SoftBank ショップで iPhone 7 へ機種変更したが、その時に「SoftBank 光」の契約を行なった。インターネット接続機器の設置などが必要だが、その手順が詳しく書かれた「インターネットご利用開始のご案内」の封書が届いた。

「SoftBank 光 接続・設定のご案内」によると、機器のお届け予定日は明日(2月16日)になっている。SoftBank 光の利用開始日は 2月18日。その日以降 2月21日までに機器の接続をするように書いてある。

ほかに下記の案内が同封されていた。

  • ID / パスワード / 電話番号(要保管)
  • お客様専用ページのご利用方法
  • Yahoo! BB 基本サービスの案内
  • 支払い方法の登録をまだしていない客への案内
  • 接続・設定サポートサービスの案内

iPhoneの一括設定を実行

機種変更の際にショップでもらった冊子「iPhone・iPad 初めてガイド」によると、「一括設定」は、機種変更した iPhone 7 のホーム画面で「Yahoo!」アイコンと「My SoftBank」アイコンをあるか確認をして、なければ「一括設定」を行うとなっている。

一括設定を行うには、

(1) iPhone の Wi-Fi をオフにする

(2) Safari で URL[sbwifi.jp]を表示させると[一括設定とWi-Fiアプリ設定]の画面が表示されるので[同意して設定開始]をタップ

(3)[SMS認証]画面で「認証用SMSを送信しました。」と表示されるので[メッセージ]アプリを見る

(4)[メッセージ]画面で[同意して設定]行の下のURLをタップ

(5)[インストール]をタップ

(6) パスコードの入力を要求されるので、それを入力

(7) 図の ① の[インストール]をタップ、ついで ② をタップ

(8) ①に名前を入力して ② の[次へ]をタップ

(9)[完了]をタップ

iPhone 7 に機種変更

iPhone 7 (128GB, ジェットブラック) に機種変更(2/3)した。2、3日使ってるけど、とても快適だ。2年しばりまであと9ヶ月残っているけど、16GBの容量では使い続けることができなくなって苦渋の決断をした。

6sの16GBは買った直後から後悔していた。iPhone 4 のときは32GBを選択した。でも、その時は使い方がまだ分かっていなくて、容量の大部分は使わないままに iPhone 5 に機種変更。もったいないことをしたと思っていたから当然、16GBにした。特に不自由を感じなく使っていたらから、6s は何も考えずに16GBを選択してしまった。

去年からはiPhoneを使うことがどんどん増えた。この数ヶ月はとにかく容量の少なさに泣き続けた。アプリが立ち上がらない度に、使用頻度の少ないアプリを削除。写真もこまめにデスクトップ機に移して、iPhoneからすぐに削除を繰り返していた。

ほんと、容量が大きいって気持ちもゆったりするw。捨てたアプリを元に戻したり、欲しかったアプリも入れられる。32GBだとまたすぐに後悔するだろうと、今回は何も考えずに128GBを選んだ。カラーは黒に決めていた。ブラックとジェットブラックは店頭で見てジェットブラックに決めた。iPhone 7 で向上した性能や新しいことを楽しむのは、まだこれから。今はひたすら容量アップがうれしい。

SoftBank 光、ソフトバンクでんきに申し込み

iPhone 7 への機種変更時に「SoftBank 光」と「ソフトバンクでんき」を申し込んだ。

macOS Sierra アップデート v10.12.2

《Apple のアップデートの説明ページ》macOS Sierra 10.12.2 アップデートについて

macOS Sierra 10.12.1 から 10.12.2 にアップデートしたが、その工程の途中でユーザーアカウントのパスワード(ログインパスワード)の変更を求められた。これまでは、Apple ID と同じだった。同一のパスワードは使えないらしい。スクリーンショットを撮らないままに作業を進めたので詳しいことは、もう分からない。気になってネット検索で調べたが該当するような記事を見つけることができなかった。ただ、Apple ID と ログインパスワードについて詳しく説明しているブログ記事があった。これを読むと、両方のパスワードは異なる方がいいと分かった。

ブログの “Apple In” で、その中の記事「Macのログインパスワードを忘れた!って時」を読むとログインインパスワードを忘れて自分の Mac にログインできなくなった時の対処法が丁寧に説明されている。その場合、パスワードは異なっている方がいいと分かる。

なお、Apple ID の管理は “Apple ID を管理” ページから、ログインパスワードの管理は自分の Mac の[アップルメニュー / システム環境… / ユーザーとグループ]で変更できる。

おトクに機種変更!(SoftBank からのメッセージ)

http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/tada-kisyuhen/

今日、SoftBank から「おトクに機種変更!」のメッセージが届いた。詳しくはサイトをよく読むつもりだが、現在使用中の昨年9月購入の iPhone 6s はストレージが16GB。ちょっと少ない。iPhone での用途がどんどん広がって、32GBを買っておけばよかった後悔している。このキャンペーンをよく読んで決めようと思う。下図は届いたメッセージ。

macOS Sierra にアップグレード

iMac (21.5-inch, Late 2012) を OS X El Capitan 10.11 から 9月21日リリースの macOS Sierra 10.12 にアップグレードした。前回の El Capitan にアップグレードしたときは、この iMac では10分程で済んだが、Mac mini (Mid 2010) でものすごく時間が掛かったのが頭にこびりついていてアップグレード前のメンテナンスを慎重に行った。

メンテナンスは “TechTool Pro 8” と “OnyX” で行った。このメンテナンスにはかなり時間がかかったけど、アップグレード自体はすんなりとすんだ。晩飯を作りながら、台所とMacを行き来していたので、正確には分からないが1時間かかってないと思う。

Mac用OSの表記がこれまでの「OS X」から「macOS」に変わっている。13度目のメジャーアップデートで、新機能の目玉は音声アシスタント “Siri” とのこと。ぼくはこれを iPhone でもまだ使ったことがない。

《Sierra 参考書》

  • Mac Fan 2016.11
    「macOS Sierra 引っ越しマニュアル」
  • Mac Fan 2016.12
    「macOS Sierra かんたん強化術」
  • Mac Fan Special
    「完全理解 Sierra」

Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダー購入

キャップをはずしたTranscend USB 3.0 Super Speed カードリーダーとmicroSD

Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダーを購入した。
SDとmicroSDスロットがあり、コンピュータのUSBポートに直接接続する。64GBのmicroSDを購入したので、フォーマットをしたり、データをコピーするのに使用しようと思った。しかし、買ってから気がついたがMacにもPCにもコンピュータにはSDのスロットが装備されているのでカードリーダーは必要なかった。安い(888円)ので良かったが慎重に買い物をするべきだった。

使用するとしたら、iUSBport 2にmicroSDを接続する時ぐらいかな。iUSBport 2の内部にはすでに1枚のmicroSDを装着しているので、別のmicroSDを接続する場合だ。

Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダーのパッケージ
Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダーのパッケージ裏面

すでに書いたが、コンピュータには下図のようにカードスロットルが装備されている。

Inspiron 14R 5437 のSDカードスロットル
iMacのSDカードスロットル

U-NEXTの無料トライアルに申し込む

5月はじめに動画配信サービスの “U-NEXT” の無料トライアルに申し込んだ。無料トライアルの期間は31日間。解約期間は6月1日までなので、それまでに継続するか解約するか決めなければならない。

申し込みのきっかけは、見たい映画が “U-NEXT” で無料であったから。その映画を現在入会している “Amazonプライム・ビデオ” で探したら有料だった。レンタル料金を払ってでも見ようかと迷いながら、その画面を見ていたら下の方に”U-NEXT” の広告があって、その映画が無料で見られると分かった。それまで “U-NEXT” は全く知らなかったので、いい情報に出会ったと思う。

“U-NEXT” の収録作品数はすごく多い。見たい作品がたくさんある。でも、映画を見ている時間があまり取れないので、月額1,990円はとても高く感じる。もう少し検討して解約するかどうかを決めようと思う。

《検討のための参考サイト》
U-NEXTとHuluを徹底的に比較してみた。ユーネクストのメリット・デメリット。 | 俺の動画。

“iUSBport 2” が届いた

iUSBport2とその同梱品
ケースに入った本体
ケースの裏面

18日深夜に注文した”iUSBport 2″ が20日の朝に届いた。とてもポップなデザインが気に入ったが、使い方はすぐに理解できない。同梱品は充電用ケーブルとマニュアル、保証書。充電器は付属していない。マニュアルは英語。それによると iPad のものを使うようだ。まず、設定方法とか販売元の act2 のサイト FAQページを読んでやってみる。

iUSBport 2 を注文

iPhone 6s 16GB を去年の9月に発売と同時に購入した。容量が16GBだと少ないと思いつつ価格を考えて一番安価な機種にした。容量が不足したら周辺機器で対応するつもりだったが、その必要性が購入半年でやってきた。選んだのは、act2が販売する “iUSBport 2“。

まだ、必要に迫られていないが「4/13〜4/19・春の限定企画」ということで、通常価格15,120円が13,608円になるうちに買っておこうと急いで注文した。