今日(2015/09/25)の Apple Store 心斎橋

今日は iPhone 6s、iPhone 6s Plus の発売日。ちょっと、Apple Store 心斎橋へ野次馬に行ってきた。人通りの少ない真夜中の御堂筋を歩くことはよくあるが、夕方の混雑した御堂筋は久しぶり。アップルストアも外に行列こそなかったけど、店内は予約をして来店したらしい人たちが大勢行列を作っていた。とても活気にみちた店内だった。

写真の入り口付近の看板は、左が「iPhoen 6s と iPhone 6s Plus の購入には、オンラインでの事前予約が必要です。」と書いてある。右は「本日、Apple Sore にご来店のお客様の声や外見が、録音または録画される場合があります。あらかじめご了承ください。」とあった。多分、セレモニーとか取材とかあったんだろう。ぼくが行った夕方にはそういうのはやっていなかった。

iPhoneの新製品がたくさん展示されていて、大勢のお客で活気があった。西洋人も多かったが、会話から東洋系も多いのが分かった。アップルのスタッフのTシャツは濃いグレーと地味なカラーで大勢いるがあまり目立たない。

ぼくの iPhoen 6s は明日届く予定だが、これまで iPhoen 6 をほとんど手にしたことがなかったので、今日はよく操作してきた。今使っている iPhone 5 より大きい。携行のしにくさはあるだろうが、画面は文字が大きくて見やすそう。Facebook や Twitter、そしてメールの確認にいまよりも使用頻度が増えるだろう。

今日はほかに本体のカラーを確かめた。注文したのは、スペースグレイ。今さら変更はできないが、確認してスペースグレイで良かったと思った。ちょっと地味だけど他を選ぶことはできない。人気のゴールドとローズゴールドはぼくには論外。シルバーにはちょっと未練があるけど、操作面が白。操作面が黒なのはスペースグレイだけなので選択肢はこれしかない。先日は、クラブで若い男子のDJが横で iPhone を操作していうのを覗いていたが、彼には操作面の白がとっても似合っていた。あ〜、白もいいなと思って見ていたが、男が持つには難しいと思う。若ぶっているように見られそうで、ぼくは持てない。

Apple Thunderbolt – FireWireアダプタを購入


11月12日、心斎橋アップルストアで Apple Thunderbolt – FireWireアダプタを購入した(3,080円)。G-Tech G-DRIVE v4 1TB(2011年5月購入)の FireWire 800 と iMac 21.5-inch, Late 2012(今年5月購入)の Thunderbolt 端子をつないだ。

G-Tech G-DRIVE v4 1TB は iMac 20-inch, Early 2006(2006年3月購入)の外付けハードドライブとして使用していた。iMac 20-inch, Early 2006 とは FireWire で接続していた。Mac は 400 で HD側は 800 だが変換ケーブルが付属していた。購入からしばらくは気づかなかったが、Macから認識しないという不具合がたまに生じた。

今年の5月に iMac 21.5-inch, Late 2012 を購入して、そのHDをつないだ。今度は Mac が USB 3.0 、HD が USB 2.0 だが、これも変換ケーブルが付属していた。ところが HD を認識しない不具合が頻発した。保障期間は3年間なのでメーカーに連絡しようと思ったが、その前に Apple Thunderbolt – FireWireアダプタを試してみることにした。3000円はちょっと高いと思ったけど実行した。つないで1週間ほどたつが、不具合は発生していない。

スピードは、前の USB 2.0 より今度の FireWire 800 の方が早いはずで、この点からも購入して良かったと思う。

アップルサイトの Apple Thunderbolt – FireWireアダプタ の紹介ページは、
http://store.apple.com/jp/product/MD464ZM/A/apple-thunderbolt-firewireアダプタ?fnode=51

iMac 21.5-inch, Late 2012 購入

iMac 購入

iMac 21.5-inch, Late 2012 を心斎橋アップルストアで購入

プロセッサ:2.7 GHz Intel Core i5(4コア)
メモリ:8 GB 1600MHz DDR3 スロット2基
グラフィックス:NVIDIA GeForce GT 640M 512 MB
ソフトウェア:OS X 10.8 Mountain Lion
内蔵ストレージ:1TB(ハードディスク、5400回転/分)
モニター:21.5インチ 最大解像度 1920×1080ドット
インターフェイス:USB 3.0 × 4, Thunderbolt × 2, 光デジタル/アナログオーディオ入出力、ヘッドホン出力、FaceTime HD カメラ、内蔵マイク、内蔵スピーカー、SDXC カードスロット
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)/重さ:52.8 × 17.5(スタンド部)× 45.0cm / 5.68kg
発売:2012年11月
iMac (21.5-inch, Late 2012) – 技術仕様:http://support.apple.com/kb/SP665?viewlocale=ja_JP

心斎橋のアップルストアでiMacを買った。買ってきてから今までず~と、前のMacから設定やデータを移している。Time Machine でバックアップをとっているから、設定もデータの移行も自動でやってくれるので楽。といっても色々なソフトを使っているので便利な分だけ設定など複雑化してるし、データも以前に比べたら膨大で移行にムチャ時間がかかっている。

買ったのは一番安い機種の 21.5インチ:2.7GHz。メモリは後で自分で増設できない構造なので、8GBから16GBに増設したかったけど、メモリの在庫を置いてない。連休のせいもあって届くのに日にちがかかりそうなので、8GBのままにした。今のiMacが2GBだから8GBもあれば充分なんだけど、数年後に後悔するかもと思って増やしたかった。

キーボードはワイヤレスのUS版。テンキー付きのワイヤレスはない。ワイヤレスの方がずっと使い勝手がいい。テンキーなしに慣れようと思う。それからマウスではなく、マジックトラックパッドを選択。購入の直前まで迷ったけどトラックパッドにした。これに慣れておく方が将来的にいいと予想した。雑誌やネットではトラックパッドの評判がけっこういい。まだ、大変だけど慣れればマウスよりいいと思う。ただし、Illustratorなどでベジェ曲線を描くなんてのは、まだやってないけど多分無理っぽい。そのときは古いマウスをつなぐつもり。

今度のiMacにはDVDなどを読むこむスーパードライバが内蔵されてない。前のiMacでも早々に故障して、写真左の外付けを使っていたので、内蔵されなくなってすっきり。右のHDはG-Drive、1TB USB2.0。前から使ってるHDで、これにTime Machineでバックアップを取っている。USB2.0は遅い。今度のiMacはスリムで軽量にした分、高速の内蔵HDを使ってないせもあって、大容量の転送にはムチャ時間がかかってる。USB3.0のHDが欲しい!

右端のBOSEのスピーカーも前から使ってるもの。 今度のiMacは音が良くなってると思う。嬉しい。今のスピーカーはイヤホンジャック接続だけど、USB接続のスピーカーが欲しくなる。

それから新しいiMacは軽い! 配送してもらうつもりだったけど、持ってみたら以外と軽いので持って帰った。これだと故障しても歩きと地下鉄でアップルストアまで持って行けるので安心だ。

5日、スティーブ・ジョブズが亡くなった

6日、アップルのホームページに驚いた

スティーブ・ジョブズが5日に亡くなった。6日のアップルサイトのホームページを見て知った。

6日夜のアップルストア心斎橋入り口

6日の深夜、日課のウォーキングで御堂筋を歩いていたらアップルストア心斎橋の前に人だかりがする。見ると入り口には花束やリンゴが置かれて、それを大勢の人たちが写真に撮っていた。ここは、iPhone 4 を買ったショップ。

iCloud のアカウントを iPad 2 で一旦削除して変更

11月25日の「Apple ID の変更で混乱」で iCloud のアカウントは iPhone 4 で変更できないと書いた。Mac 本体は OS X 10.6.8 なので確かめようがないが、iPad 2 でアカウントの変更ができた。

[設定]の[iCloud]ページで[アカウント削除]を実行。そして、同ページの[アカウント]をタップすると、アカウントを変更できた。これで、App Store や iTunes Store と iCloud が同じ ID となって管理しやすくなった。

Apple のサイト「Apple ID と iCloud について」(http://support.apple.com/kb/HT4895?viewlocale=ja_JP)では、ストアでの購入時に使う Apple ID を iCloud でも使うことが推奨されている。また、違う ID を使ってもサービスの内容に変わりないと書いてある。

なお、iCloud のアカウントについては以下のページが詳しい。
「Creating an iCloud account:よくお問い合わせいただく質問 (FAQ)」(http://support.apple.com/kb/HT4436?viewlocale=ja_JP) 。

Apple ID を変更して混乱した

MacやiPhoneで、Apple ID は iTunes、App Store、Apple Store、iCloud なんかで無くてはならない ID 。そしてこの ID はメールアドレスなので、お知らせなんかも届く。メールアドレスを整理すつ都合で Apple ID を変更したら、ちょっとというかかなり混乱してしまった。

1414149712Apple ID の管理は My Apple ID で行う【上図】。その Apple ID は複数持つことができる。新しく ID を作る時はこのページの右側にある[Apple IDの作成]ボタンから作る。ID の変更は[アカウントを管理する]から。

Apple ID を変更すると、もちろん iPhone とも連動しているので、まだ不慣れなぼくはムチャ混乱してしまった。たとえば、アプリがアップデートできないとか、iCloud に iPhone のデータをバックアップできなくなってしまった。

ま、Apple ID を複数持てることを知っていたら混乱を最小限に留めたと思う。iPhone を含めた Mac 環境はすごく便利でおもしろいけど、慣れるまでは大変だと実感したヨ~ (^^;

Apple ID の変更で混乱

Apple ID は iTunes や App Store、Apple Store、iCloud なんかで必ず必要な ID。この ID はメールアドレスなので、お知らせなんかも届く。その関係で Apple ID を変更したら、ちょっとというかかなり混乱してしまった。

Apple ID の管理は My Apple ID で行う【下図】。Apple ID は複数持つことができる。新しい ID はこのページの右側にある[Apple IDの作成]ボタンから作る。ID の変更は[アカウントを管理する]から(と思う、何ぶん混乱の中で設定したので記憶がはっきりしない。今は、検証のために再設定する元気がないのでいずれはっきりさせたい)。

さて、Apple ID を変更したら iPhone の方もなにもかもが自動的に新IDに変わると思っていたが、そうはならなかった。

変更を詳しく書くと、まず、最初の ID (A) を (B) に変更した。この状態では App Store から ID (A) で購入していたアプリは自動的に ID (B) で購入したことに変更される。

問題は iCloud だった。iCloud の ID はあくまでも (A) から変更できなかった。あるいは、変更の方法が分からなかった。そのせいで、iPhone のデータを iCloud にバックアップできない状態になってしまった。

それで、ぼくはメールアドレス (A) で新しく Apple ID を作った。これで iCloud にアクセスできるようになり一応問題は解決した。しかし、Apple ID を二つ持つことになってしまった。

この場合の欠点は、アプリのアップデートの際、 ID (A) でサインインしていたら実行できない。実際は (A) で購入していたが、現在の (A) は昔の (A) ではない。実は (B) に変わっているのだ。なので、改めて、ID (B) でサインインしてからアップデートという手順だ。この混乱を避けるには、アプリを買う場合はどちらかの ID に決めておかなければならないだろう。

ID が二つあるのがいい場合もあるかもしれない。当分はこのまま様子を見つつ、どうしても一つがよければ、また考えようと思う。

以下は Apple ID の確認、サインインの変更方法です。
【下図左】[設定]から[Store]をタップ。
【下図右】[Store]画面をスクロールして一番下に出てくるのが現在サインインしている Apple ID だ(実際の ID は消してある)。この ID をタップすると次の画面。

【下図左】上図右でタップすると表示された画面。ぼかしてあるが、ここに現在サインインしている Apple ID が表示されている。[サインアウト]をタップすると次。
【下図右】[サインイン]をタップして次。

【下図左】[既存のApple IDを使用]をタップして次。
【下図右】ここで別の Apple ID を入力してサインインする。

【下図】これはアプリ App Store の画面だが、一番下までスクロールすると購入前に、サインインしている Apple ID を確認することができる。

iPad アプリ「GoodReader for iPad」を購入

買物で外へ出たけど、ついでにショップの上にある大型書店に寄った。Evernote の解説書の立ち読みが目的。Evernote は、もう少し使ってみてから本で勉強するなりして本格的に使おかなと思っている。

もちろん、Evernote の解説本はたくさんあるが、Dropbox の本もたくさんあるのには驚いた。それに、GoodReader もけっこうあった。GoodReader の解説書があること自体にびっくりだ。PDF リーダーとして名前は前から知っていて、そのうちに買うつもりでいたアプリだ。それが、クラウド関連のコーナーに Evernote や Dropbox などの本と一緒に置かれている。単なる PDF リーダーじゃないことなんかな。

帰ってからどうせ PDF リーダーは必要だしと購入。450円。一応、iPad 版を買ったが様子を見てから iPhone 版を買うかどうか考えるつもり。ぼくはまだまだ試行錯誤が足りないが、クラウドを利用することによって、iPhone がムチャ面白くなることは見えてきた。クラウド関連のアプリを使いこなしたいとほんとに思っている。

《関連ページ》
iTunes App Store で見つかる iPad 対応 GoodReader for iPad

衝動的に Bento for iPad を買ってしまった

Bento for iPhone を使うめどがたってきたので、iPad の方でデータの入力をしようということで Bento for iPad(450円)を買った。しかしね、Bento は iPhone と iPad で同期できないみたいね。あくまで、Mac と iPhone。または、Mac と iPad ということらしい。FileMaker のサイトにははっきりとそう書いてあるわけではないので、もうひとつ自信がない。しかし、サイトの説明ではそのように解釈できそうだ。

実際に試した範囲でも同期できなかった。これはぼくのスキル不足かもね。しかし、同期できたとしても iPad 版は使いたくない。テンプレートのデザインが全く好みじゃない。iPhone だとまあまあ良かったので、大きな画面だと使いよいだろうと考えた。それに、FileMaker Pro が好きなので、Bento に過信があったのだと思う。確かにサイトにはテンプレートを使った写真が載っている。よく見てもっと間がれば良かったとしきりに後悔だ。

App Store からアプリを買うときは衝動的に買えちゃうので、ほんと気を付けないといけない。App Store が誕生した頃の雑誌の記事で、返品できないことの問題点というのがあったと思う。その時、慎重なぼくには関係ないと感じていたけど、なんのなんのけっこうおっちょこちょいだと分かった。

《関連ページ》
iTunes App Store で見つかる iPad 対応 Bento for iPad