眠りの旅たちに携える絵本 And If the Moon Could Talk

本書の絵は人気の高い「リサとガスパール」シリーズも手がけているゲオルグ・ハンスレーベンです。絵のタッチはそのLisaシリーズと同じ、しかし本はずっと大きい。ここには就寝前の女の子のひとときが描かれているのですがストーリーはない。文も1ページに1行程度で親子でイメージをふくらませるヒントとして絵が提示されている、といった感じでしょうか。

絵本の中では世界の夜の風景が展開する。小鳥やライオンの親子の就寝前もある。そして女の子の夢で終わりますが、それはラクダの背に揺られる小動物たちの愉快な旅です。その小動物たちというのは、少女の隣で寝ているぬいぐるみのウサギだったり、部屋のあいこちに置かれた動物たちのぬいぐるみです。就寝は昼から夜への旅立ちだと思う。本書を携えて旅立てる子はほんとうに幸せだと思う。

And If the Moon Could Talk
Text copyright (c) 1998 by Kate Banks
Picture copyright (c) 1998 by Georg Hallensleben

《ゲオルグ・ハレンスレーベンの絵本》
□青い大きな家 / ケイト・バンクス作、ゲオルグ・ハレンスレーベン絵の絵本
□幼い少女の見る夜の風景をアン・グットマンとゲオルグ・ハンスレーベンが描いた絵本/夜になると
□アフリカへ誘うゲオルグ・ハレンスレーベンの絵本/BABOON