カードリーダーとminiSDを買う

FOMA D901i にはメモリーカードが付属していない。もちろん、とりあず本体メモリーを使用できるが。メモリーカードはSanDiskの128MB miniSD を購入した(アダプタ付属)。D901iは128MBまでを保障している。メモリーカードからデータを取り込むのにバッファローのUSB2.0カードリーダ/ライター(型番:MCR-C12/U2)を購入。この機種の特長はminiSDとメモリスティックDuoをアダプターなしで、直接に挿入できることだ。ただし、miniSDの場合は左右に遊びがあるためにすんなりと挿入するにはコツが必要なようだ。慣れないので、アダプターにを使って挿入している。アダプターを使うとすっきりと挿入できる。これなら、始めからアダプターを前提とした安い方の機種を買った方が良かったかもしれない。
ちなみに購入は18日、問題なく使用している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Do Co Mo FOMA D901i に機種変更

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

16日に機種変更したからもう2週間使っている。かなり、満足して使っている。これまでは、SO505iを2年以上使っていた。今度、5000円のクーポン券とかショップ独自のキャンペーンもあったりで、かなり安く変更ができた。
写真を撮るのはすごく楽でいい感じ。文字入力はキーが小さいので、入力はちょっとやりにくい。でも、変換が以前のものよりはるかに進化しているので、苦にならない。
カメラのシャッターは半押しをした後にもう一度押すことになる。半押しは問題ないが、指の当たり具合では、シャッターがうまく押せない。これは、指の使い方を何度も練習すると解決する。慣れると全く問題ない。
写真上はスライドを閉じた状態(左)と開いた状態。下は裏側。カメラのレンズがある。

国立国際美術館のゴッホ展

OLYMPUS DIGITAL CAMERA中の島の国立国際美術館の「ゴッホ展」に行って来た。国立国際美術館はデシャン展以来2度目だ。すごい人出だと聞いていたが、やはり、金曜日の閉館時間延長は少し入場者が少なくなるようだ。この日も、多いとはいえ、好きな絵の前でじっと待っていると人が途切れるときがあり、「黄色い家」などアルル時代の絵を堪能することができた。

細野ビルヂングの木組みの床

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

大阪市西区新町4丁目、細野ビルジング2階の貸し室が空いたので、見学をさせてもらった。表面の床材を除去すると、下からは昭和11年竣工当時の床が現れた。細長い木片が4枚一組でセットになっているが、実は、バラバラの木片なのだ。裏には動かないように溝が掘られている。驚くことにその溝は床のコンクリートにもあって、ぴったりとはまっているのだ。気の遠くなるような仕事だ。