十日えびすの “えびすビレッジ”

10日の今宮戎神社の「十日えびす」に行った。写真は露店が延々と並ぶ沿道に出店した “えびすビレッジ” 店内。22時からの AOKI takamasa のDJで大勢のお客が熱狂している。ビレッジ入口を入ると、フードやドリンクを販売するカウンターが広く取られて、さらに進むとそのカウンターの端っこにDJブースが設けられている。写真の右側にはテーブルと椅子のとても広い飲食スペース。そこも「十日えびす」参りのお客がびっしり。DJブース前でステップを踏んでるのは、たいていどっかのクラブで踊ってる連中。AOKI の放つグルーブで徐々にヒートアップする様子を見ていて興奮した。

ここはクラブのフロアとは違う。やっぱりエビっすさんの強烈な気が充満する「十日えびす」の3日間のこの地域ならではのこと。その気に充てられた特別な熱狂を感じる。突如現れた感の “えびすビレッジ” は、他の旧来と変わらない露店とはあきらかに違う。天井にはたくさんの赤い提灯をぶら下げて、エビっすさんの雰囲気を取り込みつつのモダンな店内装飾。そしてそこでDJまでしてしまう主催者には感心するしかない。3日間に回すDJたちは20人を超えてる。そのごった返すフロアの中に一歩入り込むと、知り合いのDJたちやパーティーピープルたち、そして何軒かの行きつけのバーカンたちから握手ぜめだった。

いやいや、あっちこっちのパーティで出会うこのビレッジのオーガナイザーから昨年末にドリンクチケットをもらい、話を聞いた時は、一瞬、本気かいなと思いつつ、おもろいと感じた。ぼくはかつて事務所を持っていた頃、何年間も欠かさずに「十日えびす」参りをしていた。お賽銭をあげた帰り、縁起担ぎで露店で高価なサザエの壷焼きを食べて酒を飲んだものだった。最近は行っていないが、あそこでなんぞやらかすからには大阪的熱気に満ちたものになるだろうと予感して現場に足を運ぶのを楽しみしていた。その割にはあまり長時間いることができなかったのが残念やが、大阪シーンの胎動を肌に感じて満足。

途中、立っていられないほどの余りの疲れで空いてる椅子を見つけてへたり込んだが、エビっすさんパワーの毒気に当てられたかもと退散したんだ。考えたらネットのトラブルで前日はあまり寝てない。来年の “えびすビレッジ” には体調を整えて大阪パワーに臨みたいな。

3日間のタイムテーブル
ドリンクチケット、昨年末から大量に配ってたけど、使えるのは一人一日1枚まで。

宵えびす(1月9日)を歩く


宵えびすの午後を歩いた

今宮戎神社「十日えびす」の前日、「九日宵えびす」にちょっとだけ立ち寄った。難波に用事があったので足を伸ばしたわけ。毎年、難波から今宮戎神社までの沿道には延々と露店が並ぶ。その沿道に大阪クラブシーンでよく出会う男子から大きな出店「えびすビレッジ」を出して中ではDJをやってもらう、と聞いて驚くと同時におもろいなーと思った。

3日間続く祭りの初日に難波から歩いてちょっと下見で寄ったが、沿道には出店が並んでいるもののまだ人出は少ない。なんばパークスと今宮戎神社のちょうど中間ぐらいにその「えびすビレッジ」がすぐに見つかった。よく通うバーのバーカン女子がすぐにぼくを見つけてくれて、いろいろ案内してくれる。すでにDJもプレイしているが、時間の早いせいもあって人が閑散としていてまだ盛り上がっていない。

しかし、店内は真っ赤な提灯がたくさんぶら下がってエビっすさんの雰囲気を取り入れつつ、従来の大きな露店とは一線を画するモダンな作りで、これなら沿道を歩く若い人たちの目に止まるに違いないと思った。エビっすさんで「えびすビレッジ」はかなり刺激的と感じた。

ネットで発表されてたDJたち

DAY1 / 2019.1.9 14:00-24:00

  • AKIHIRO
  • ALUCA
  • HARIO!?
  • ONO
  • STEW
  • TETSUO
  • カレーライス

DAY2 / 2019.1.10 14:00-24:00

  • AGEISHI
  • AOKI takamasa
  • DEJIRUMASARA
  • DJ SPOT
  • MAYUMIKILLER
  • MITSUYASU
  • TAKE
  • YOSKE

DAY3 / 2019.1.11 14:00-24:00

  • DJ CALPIS
  • DMITRI ABSINTHE
  • SHINGO
  • SOICHI
  • TSUTOM HIRANO
  • YUKKE
  • トシヤ青木