歯の健康(2)/直る、ということはないと言われた

今日は、左下奥歯は、もう直るということはないですよ、と再び、三たび先生に念をおされた。だまし、だまし、長持ちさせるということです。肩が凝るのが原因かどうか分からないけど、痛みの伴った腫れぼったい状態を歯が浮く、といいます。去年のこと、ずっと長期にわたって仕事の忙しい状態が続いていたときに、歯が浮いたけど、いつものことと思って放置していた。ある日、噛むことのできない痛さで、20年近くお世話になっている歯医者さんに見てもらったら、レントゲン写真を見て、抜くしかないと言われました。でも、急ぐ必要はないので、しばらく様子を見てくださいと、上の歯を削って(金属を被せている歯)、噛み合わせを調整して、痛みを和らげていただいた。しかし、腫れぼったい状態はつづき、時には痛みを伴います。

その時の痛みは後で分かったことですが、膿が溜まり歯肉を圧迫しているからです。神経を取っているので、歯そのものの痛みはないのです。そのままにしていても、溜まった膿が出口を見つけて漏れ出すと、痛みは軽減します。腫れぼったい感じはつづき、もう、抜いてもらおうかとも思いました。しかし、虫歯でダメになった歯は長期に渡って何本も抜いているので、あっちこっちがブリッジ状態です。やっぱり、残っている歯は大事にしようと思って歯医者さんを変えました。

今度の歯医者さんも、いずれは抜くことになるけれども、それは最後の最後にしようということで継続的に診ていただくことになりました。歯垢を取ったり、歯を清潔に保つ処置をしていただきつつ、継続して診ていただいています。膿んだときは、1~2週間に一度、それ以外は1~2ヵ月に一度のローテーションで通院しています。

で、歯医者さんへの認識が変わりました。今迄は、虫歯の治療ばかりで、外科でケガを治してもらう感覚でした。今では、歯の健康を保つための継続治療という考え方に変化しました。そして、歯医者さんにもいろいとなタイプがあることも知りました。もっと、早く気づいていればなーというのが実感です。

歯の健康(1)/切開して膿を取った

左下の奥歯の治療に通院していますが、痛むのは左側に偏った使用が原因かもしれないと忠告されました。ということで、自分なりに意識的に右側で噛むようにしていたら、右上の前歯と奥歯の中間ぐらいの歯肉が腫れてきた。その歯の両側は抜歯によってすでになく、ブリッジの状態。つまり両側のブリッジをけなげに支えている貴重な歯というわけ。左をかばって、一生懸命に右側を使ってので、その歯に過剰な負担がかかったために膿んできたらしい。

麻酔注射を2ヵ所に射して、時間を置いての切開は全く痛みがありませんが、ずいぶんと膿みが出ましたよ、と先生に言われる。それが23日のこと。化膿止めと炎症止めの薬を処方されて、腫れは2日後にひきました。26日に経過を診てもらいに行ったら、少量だが膿みが出つづけているので、化膿部への薬の注入の治療をされて、さらに薬を処方されました。

いったい、歯が膿むとはどういうことですか、と尋ねたら、歯を支えている歯槽骨が溶けている状態だと聞かされて、ぞっとしました。それが進行すると、歯がぐらぐらしてきて、抜歯ということになるらしい。実は、左下奥歯が抜歯の危機にあって、ここでは、その経過を追っていきます。