2019/01/12 “iD” から “RING” へ


RING RING RING at Sun Hall に驚いた

“RING RING RING” に驚いた。パーティでこんな風に驚くのは久しぶり。ここでは REE.K を聞いたんだけど、もうすごかった。じつは2時に終わるパーティ “iD” で遊んでて終了後はおとなしく帰るつもりだったけど、久しぶりに偶然出会った友だちから付き合って欲しいと言われて、最初は渋ってたがそのうちに酒の酔も手伝って、San Hall の大きなパーティ、サイケディリック・テクノの “Ring Ring Ring” に出かけた。その規模の大きな呪術的なデコを見て一発で嬉しくなった。しかもここで Ree-K だと言うので、もう連れてきてくれた友だちに感謝感謝さ。

じつはぼくは “RING” を知らない。San Hall に入ってすぐ古い友だちに声を掛けられて、大阪港天保山のライブハウス BAYSIDE Jenny の伝説的なパーティだと教えられた。ぼくはクラブ通いを初めて10年ちょっとだが、その頃はすでにそこはなかった。ぼくよりずっと若いけどキャリアの長い旧友は BAYSIDE Jenny で踊りまくってた世代だ。そんな世代が “RING” のフロアを埋めて熱狂していた。

Ree-K ね、もう大感激さ。フロアとDJブースの間はデコで広いスペースが取られているのでDJは随分と遠い。おまけにライティングのせいで Ree-K はシルエットで表情を伺うことはできない。どれっどnの髪を振り乱す様子は見て取れて、もう完全に巫女的な呪術的世界!に感動しっぱなしだった。終わってからも興奮がおさまらなくて、体の無理を承知で Cauliflower でやってるアフターパーティまで行ってしまった。もう完全に遊び過ぎ(笑)

この夜まず出かけたのは ”ID”

まず出かけたのは Rock Star Hotel のパーティ”ID”。着いたら DJ Dmitri Absinthe が始まったとこで、続いて idiotYuuka、Naluu と聞いた。全体に落ち着いたテックハウス。それがホテル最上階の森山大道の大きな写真が何枚も飾ってるラウンジだからとてもスペシャルなグルーブに充ち満ちるわけさ。特に二人の女性DJ、Naluu と idiotYuuka のぼくの心に訴えかけてくるよに聞こえるエモーショナルなグルーブに反応して、最近になく気持ちよく踊り続けた。

この後さ “RING RING RING” で弾けたのは。

で、今夜も Ree.K

1月16日も、Dommune の “Ree.K SPECIAL feat” で Ree.K を楽しめた。Dommune につないだら “RING” にも回していた DJ Josko がやってて、23時から 0時半までが Ree.K だった。もう今年はサイケに走りそう(笑)

十日えびすの “えびすビレッジ”

10日の今宮戎神社の「十日えびす」に行った。写真は露店が延々と並ぶ沿道に出店した “えびすビレッジ” 店内。22時からの AOKI takamasa のDJで大勢のお客が熱狂している。ビレッジ入口を入ると、フードやドリンクを販売するカウンターが広く取られて、さらに進むとそのカウンターの端っこにDJブースが設けられている。写真の右側にはテーブルと椅子のとても広い飲食スペース。そこも「十日えびす」参りのお客がびっしり。DJブース前でステップを踏んでるのは、たいていどっかのクラブで踊ってる連中。AOKI の放つグルーブで徐々にヒートアップする様子を見ていて興奮した。

ここはクラブのフロアとは違う。やっぱりエビっすさんの強烈な気が充満する「十日えびす」の3日間のこの地域ならではのこと。その気に充てられた特別な熱狂を感じる。突如現れた感の “えびすビレッジ” は、他の旧来と変わらない露店とはあきらかに違う。天井にはたくさんの赤い提灯をぶら下げて、エビっすさんの雰囲気を取り込みつつのモダンな店内装飾。そしてそこでDJまでしてしまう主催者には感心するしかない。3日間に回すDJたちは20人を超えてる。そのごった返すフロアの中に一歩入り込むと、知り合いのDJたちやパーティーピープルたち、そして何軒かの行きつけのバーカンたちから握手ぜめだった。

いやいや、あっちこっちのパーティで出会うこのビレッジのオーガナイザーから昨年末にドリンクチケットをもらい、話を聞いた時は、一瞬、本気かいなと思いつつ、おもろいと感じた。ぼくはかつて事務所を持っていた頃、何年間も欠かさずに「十日えびす」参りをしていた。お賽銭をあげた帰り、縁起担ぎで露店で高価なサザエの壷焼きを食べて酒を飲んだものだった。最近は行っていないが、あそこでなんぞやらかすからには大阪的熱気に満ちたものになるだろうと予感して現場に足を運ぶのを楽しみしていた。その割にはあまり長時間いることができなかったのが残念やが、大阪シーンの胎動を肌に感じて満足。

途中、立っていられないほどの余りの疲れで空いてる椅子を見つけてへたり込んだが、エビっすさんパワーの毒気に当てられたかもと退散したんだ。考えたらネットのトラブルで前日はあまり寝てない。来年の “えびすビレッジ” には体調を整えて大阪パワーに臨みたいな。

3日間のタイムテーブル
ドリンクチケット、昨年末から大量に配ってたけど、使えるのは一人一日1枚まで。

宵えびす(1月9日)を歩く


宵えびすの午後を歩いた

今宮戎神社「十日えびす」の前日、「九日宵えびす」にちょっとだけ立ち寄った。難波に用事があったので足を伸ばしたわけ。毎年、難波から今宮戎神社までの沿道には延々と露店が並ぶ。その沿道に大阪クラブシーンでよく出会う男子から大きな出店「えびすビレッジ」を出して中ではDJをやってもらう、と聞いて驚くと同時におもろいなーと思った。

3日間続く祭りの初日に難波から歩いてちょっと下見で寄ったが、沿道には出店が並んでいるもののまだ人出は少ない。なんばパークスと今宮戎神社のちょうど中間ぐらいにその「えびすビレッジ」がすぐに見つかった。よく通うバーのバーカン女子がすぐにぼくを見つけてくれて、いろいろ案内してくれる。すでにDJもプレイしているが、時間の早いせいもあって人が閑散としていてまだ盛り上がっていない。

しかし、店内は真っ赤な提灯がたくさんぶら下がってエビっすさんの雰囲気を取り入れつつ、従来の大きな露店とは一線を画するモダンな作りで、これなら沿道を歩く若い人たちの目に止まるに違いないと思った。エビっすさんで「えびすビレッジ」はかなり刺激的と感じた。

ネットで発表されてたDJたち

DAY1 / 2019.1.9 14:00-24:00

  • AKIHIRO
  • ALUCA
  • HARIO!?
  • ONO
  • STEW
  • TETSUO
  • カレーライス

DAY2 / 2019.1.10 14:00-24:00

  • AGEISHI
  • AOKI takamasa
  • DEJIRUMASARA
  • DJ SPOT
  • MAYUMIKILLER
  • MITSUYASU
  • TAKE
  • YOSKE

DAY3 / 2019.1.11 14:00-24:00

  • DJ CALPIS
  • DMITRI ABSINTHE
  • SHINGO
  • SOICHI
  • TSUTOM HIRANO
  • YUKKE
  • トシヤ青木

メール app の不具合が解決

アップルの “メール app” を使っているけど、メールが届いたり届かなかったり。また送信もできなかったりと困ったが解決した。iPhone と Mac の両方で起きた不具合だった。OSはどちらも最新バージョン。アップデートしてからの現象だったので、そのせいかとも疑ったが関係なさそう。

サーバーのマニュアルのメールソフトの設定の通りに修正後、正常に稼働してくれてホッとした。どうやら、最初の設定のときのいい加減さがずっと引き継がれていて不具合が出たのかもしれない。サーバーのマニュアルには、iOS デバイスと Mac それぞれの OS ごとのマニュアルがあって分かりやすかった。なぜ、今までそれを参照にして設定しなかったのか疑問が残るが、とにかく解決してよかった。今後は、不具合があればとにかくサーバーのマニュアルを参照することだ。

それと、アップルのメールサポートもあるのでよく読んでおく必要がありそう。
https://support.apple.com/ja-jp/mail

iPhone と Mac  のそれぞれの設定は以下の画面からのスタートとなる。

iPhoneの場合は[設定 > パスワードとアカウント]から必要なメールアドレスの設定となる。

Macだとメールappを立ち上げて[メール > 環境設定… > アカウント]から必要なメールアドレスの設定となる。

安冨 歩著『生きる技法』

女性装する安冨歩さんにぼくは強く関心を持ち、同時にリスペクトしている。ぼくが彼と同じ50代なら女性装に挑戦してたかもしれないが、今の歳ではその元気がない。せいぜい、髪を伸ばすだけだ(笑)。安冨歩著『生きる技法』を買った。

ペラペラとめくっただけだが、すごい内容だと思う。「自立とは他者への依存からの脱却である」と思われているが、「依存する相手が増えるとき、人はより自立する」と本書に書いてある。頭を柔らかくして読まなければ理解できないようだ。

本書の「第1章 自立について」で痛烈に母親を批判している。まず、ここに激しく共感した。ぼくは母が他界してから母への批判を口にするようになった。母は息子を愛していると盲目的に信じていたので、母への批判をしてはいけないと感じていた。母が死んでから母のことをよく考えるようになり、ぼくは母に愛されていなかったと分かった。

「愛情のフリをして、自分に都合の良い像の押し付けをする、という陰湿なハラスメントでした」と安冨さんは母親のことを書いている。ぼくの母はそれほど強い女性ではなかったのでハラスメントを感じることはなかったけど、自分に都合の良い像の押し付けをする、という点では同じだった。何かにつけ「世間体」を重視する母の姿勢にぼくは苦しみ続けていた。

小学生の途中から中学1年までぼくは意に反して級長に選ばれていた。それはすごいプレッシャーだったんだけど、母はぼくの苦痛を知ることがないまま、母の愛は絶頂に達していた。その延長にある母の描くぼくの未来は、大学に進み、大きな会社に入り、結婚をして子供のいる家庭を作ることだった。それが母の信じる世間体を満足させる像であり、それをぼくに押し付けたわけだが、決して愛情からではないことをぼくはうすうす気づいていた。

というような漠然と感じていたことを、ぼくに文章化を迫るパワーを本書は秘めているんだと思う。

《amazonのページ》

生きる技法

生きる技法

posted with amazlet at 18.11.15
安冨 歩
青灯社
売り上げランキング: 17,161

ベイスボールキャップを買う

先月末、ベイスボウルキャップをまたまた衝動買い。難波の量販店ビッグカメラで電話機の受話器コードを買って急いで帰る途中、夕暮れ迫る南堀江をチャリで走ってたらキャップ屋の前を通った。路に面した小さなキャップ屋さん。数年前に初めて帽子を買ったのがこのお店「無」だった。キャップを買うのはそれから5個目だが、この南堀江の「無」で買うのは2度目。いつもここを通るのは偶然たまたま。場所を覚えていない。そろそろ場所を覚えておこうとネットで検索したら「shop無南堀江店」と分かった。

購入のベイスボウルキャップは配色も生地も秋冬モード。3,880円。

電話機の受話器コード購入

電話機の受話器用コード(321円)をビッグカメラで購入。2年8ヶ月使っている電話機(Pioneer TF-V53)

使っている電話機(Pioneer TF-V53)の音声がおかしいなった。留守録にははっきり入っているのに、相手の音声が聞き取れないし、こっちのも聞こえないらしい。雑音もひどい。前も同じ経験をしているので、これは受話器コードの劣化だとすぐに気づかなければならないのに、すぐには分からなかった。

また、新しいのを買うつもりで家電量販店に行ったら、Pioneerの同じ機種の在庫がなかった。他のメーカーでもいいのだが、子機の付かない電話機はほとんどなくて買うならPioneerの同じものとなる。仕方ないので帰ってamazonに注文するかと売り場をブラブラしてたら、受話器用コードがあったので購入。出費が少なく済んでラッキー。

《パイオニアの現在販売中の同型機 / amazonのページ》

阿木譲氏の死を知った夜

今日、阿木譲氏が亡くなっとツイートが駆け巡っている。急いで検索したら、写真のツイートが見つかった。どうやらこれが彼の絶筆かもしれない。いかにも阿木さんらしい気取った文章で、ぼくが彼と会った1970年代後半から何一つ変っていないと思い、ホッとした。当時、彼が発行する雑誌”ロックマガジン”や松岡正剛氏の季刊誌”遊”に連載する阿木さんの文章に心底熱狂していた頃を思い出させるに十分なセンテンスだ。あれから40年か・・・、「待っていてもなにもやってこないよ、・・・」、と語りかける彼の言葉で、ぼくは今夜フラフラとアメリカ村を飲み歩いた。5件のバーを飲み歩いて帰ってきても癒されず、こうして書いている。
アメリカ村の生みの親と言われる日限萬里子氏を紹介してくれたのも阿木さんだった。彼に日限さんのクラブ”パームス”に連れていかれた。そこで出会ったショートヘアで男装の麗人日限さんももういない。そのアメリカ村でぼくは今夜も遊んでいる。萬里子さん、アメリカ村も随分と変わったよ、と語りかけたい。ぼくにとってパンクロックは阿木さんなしで考えられないが、アメリカ村そのものも阿木さんなしで考えられない。だから今夜、ぼくはアメ村を飲み歩いた。それが供養のように飲み歩いた。

この5月には一人の親しいフロアフレンドの死にも遭遇した。彼女の死はぼくにとって、アメリカ村の街角で出会った”死”だった。さらに阿木さんの死は、アメリカ村の街角を曲がると、やっぱり”死”に出会う、という感じだ。

Adobe MAX 2018 レポートセミナー大阪

2018年10月24日は大阪の .Too で行われた “Adobe MAX 2018レポートセミナー” に行ってきた。この手のセミナーに参加するのはほんとうに久しぶり。たくさんの刺激を受けるので、やっぱり出歩かなきゃダメだ、と痛感した。セミナーの内容は、
1. Photoshop CC
2. Illustrator CC
3. Adobe Fonts
4. InDesign CC
5. Dimension CC
6. Adobe XD CC
7. Premiere Rush
8. Adobe Stock
9. Creative Cloud New Generation
のアップデートに伴う新機能紹介だった。強調していたのは Adobe の AI である “Adobe Sensei” に沿った機能アップだった。ぼくが一番使っている Dreamweaver CC は Sensei に対応していならしくて紹介はなかった。紹介しているソフトや機能でもぼくはほとんど使っていない。だから野次馬状態でセミナーを聞いてたわけ。でも、刺激的で行ってよかった。
9. Creative Cloud New Generation は、開発中のテクノロジーがいくつか紹介されていた。もっとも関心が高いのは「Adobe Photoshop CC iPad 版」が2019年リリースだった。
《amazon の Adobe Creative Cloud のページ》
Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|オンラインコード版
アドビシステムズ (2013-10-01)
売り上げランキング: 14

イワシの蒸し炒め

イワシの蒸し炒め。ウロコを取り塩を振っただけのイワシを頭も落とさずに厚手のステンレスフライパンに並べて、日本酒を少し振ってフタをして加熱しただけ。レモン汁をかけ、さらにタバスコハラペーニョソースもかけて食べた。この調理法だと頭や骨は食べられないが内臓は食べることができる。この内臓がサンマのようにたっぷりと入ってないがとてもうまい。その内臓も含めて全体にあっさりしてて、とても美味。

イワシというと醤油での煮付けが普通。他に白ワインで煮付けるグラナダ風というのもよくやってる。さらに最近はトマトソースで煮込んだりとかやってる。しかし、この炒め蒸しが一番うまいかな。

ただ、これは鮮度が良くないとだめ。ところが最近はとても鮮度のいいイワシが売ってる。しかも安い。イワシの鮮度がいいのはウロコが残っている。腹が固いとか。最近は輸送が良くなってるせいか鮮度のいいのがスーパーで売ってる。高級スーパーと言われるビッグビーンズで淡路の由良産が1パック100円とか120円(写真は半分弱)。ライフだと静岡産とか三重産になる。170円ぐらいかな。

ぼくは魚をよく食べるけど、サバ、アジ、サンマ、イワシといった安価な青魚ばかり。高級魚を食べられるほど働いてないので、青魚以外を買うことはほとんどない。だから食べ方を工夫して飽きないようにしている。そうそう、今日のイワシはキリッと冷やした日本酒。白ワインでも良さげ。麦焼酎のレモンを効かせた炭酸割りにも合いそう。

《amazonのページ》

タバスコ ハラペーニョソース150ml
明治屋
売り上げランキング: 9,895